雑誌広告の原稿はどのように作成すればよいでしょうか?

日本雑誌協会(社)が定めたフォーマットでの入稿をお願いしております。

原稿制作

JMPAカラー基準とは?

(社)日本雑誌協会(JMPA)が、広告会社、出版社、印刷会社と協力して策定した、雑誌掲載時の色味を制作段階で確認・保証するための、雑誌業界統一の色基準。雑誌印刷の際に再現可能な色(色空間)を定めている。これにより、雑誌広告の制作から印刷に至るすべての過程で、管理・統一された色味の校正(デジタルプルーフ)を確認することができるようになる。

入稿データ形式

  • 入稿可能データ形式は?
    データ
    形式
    JMPA
    カラー
    OS
    バージョン
    ファイル
    形式
    原稿
    送稿物
    備考
    J-PDF
    最も推奨
    JMPAカラーに準拠している
    (=色味を確認できる)
    Mac OSX
    最新Ver.に対応
    PDF 4点セット オンライン送稿に対応する唯一のデータ形式
  • 入稿する上での注意点
      • 必ず雑誌広告デジタル送稿推進協議会推進の仕様書で入稿して下さい。
        ⇒仕様書ダウンロード http://www.3djma.jp/seisaku_06.html
      • ○TAC値:「4色トンボ」以外は、「平網」「配置画像」を含め、TAC値(総網点量)は320%以下 で作成して下さい。

        その他注意点は
    「雑誌デジ送ナビ」
         
    http://www.3djma.jp/seisaku_04.html
        および
    「よくあるQ&A-デジタル送稿J-PDFに関して」
    http://www.3djma.jp/kiso_04.html
      )をご参照ください。

入稿データ制作

JMPAカラーに準拠したデータを制作します。

  • JMPAカラー準拠のデータを制作するには
    • ○JMPAカラーに準拠できる環境を整えて下さい。
    • ○JMPAカラーに準拠し管理されたプリンタで原稿を出力し、色調を確認しながらデータ修整を繰り返し、制作して下さい。

  • JMPAカラー準拠の環境を整えるには?

入稿方法

  • 入稿方法
    • ○入稿形態:J-PDFのみ
      (J2原稿の運用は2012年3月末にて終了しました。 http://www.3djma.jp/doc/20111118.pdf )
    • ○流用NG:流用する場合は原稿一式をご準備頂き、入稿して下さい。
    • ○仕様書統一:雑誌広告デジタル送稿推進協議会推進の仕様書をご準備下さい。
    • ○色見本不要
    • ○カラーバッチが必要です。
      http://www.3djma.jp/seisaku_05.html より「恒常性管理用カラーバッチzip」をダウンロードして下さい。
    • ○プリフライトレポートをご準備下さい。 
      ※プリフライトレポートとは入稿データが問題ないかチェックした結果を表示した用紙です
      http://www.3djma.jp/seisaku_05.html より「PDF設定/プリフライトプロファイルをダウンロードして下さい。

  • 従来通り、オフラインでの入稿について
    • 下記4点セットを各媒体の進行担当に送付してください
      ※ご注意※ メールでの入稿は承っておりません

入稿形態
J-PDF 4点セット 原稿データ・仕様書・出力見本(原寸)・プリフライトレポート

オンライン送稿

  • オンライン送稿について

    • 2016年2月1日(月)より、雑誌広告オンライン送稿の対応を開始いたします。
    • 詳細については、以下をご確認下さい。

    • ○対象媒体
       オンライン送稿の対象媒体は、以下の通りです。
       ・月刊誌:たまごクラブ、ひよこクラブ、サンキュ!、いぬのきもち、ねこのきもち
       ・その他:初めてのたまごクラブ、妊活たまごクラブ、1才2才のひよこクラブ、bizmom
        ※校了日について、現在お知らせしている日程からの変更はございません。
    • ○オンライン送稿でのデータ入稿について
      弊社へのオンライン送稿につきましては、デジタルセンド社が運営するオンライン送稿サービスを利用したものに限定させていただきます。他の通信会社のシステムやストレージサービスを利用したもの、メールに添付する等の送信方法は、弊社での受信方法が確立されておらず、また原稿データの信頼性や送信方法の安全性が確保できないため、お取扱いをいたしません。恐れ入りますが、従来通りオフライン(4点セット)にてご入稿下さい。
    • ○ご入稿可能な仕様について
      オンライン送稿でご入稿いただける仕様は、表周り、中面4Cページ、中面1Cページのみです。中面ハガキ、巻末ハガキ、片観音、シェーファー等の特殊仕様については、恐れ入りますが、従来通りオフライン(4点セット)にてご入稿ください。
      また、オンラインでご入稿いただけるデータは「JMPAカラー準拠PDF」「モノクロ(グレースケール)PDF」の2種類のデータ原稿に限らせていただきます。ご入稿に必要なのは「原稿データ」「メタデータ」の2点です。それ以外の添付をご希望される場合は、オンラインでの送稿をお受けできません。恐れ入りますが、従来通りオフライン(4点セット)にてご入稿下さい。
    • ○原稿返却と流用について
      オンライン送稿により入稿されたデータは、使用後にすべて消去いたします。弊社および印刷会社でのデータ保管は行いませんのでオリジナルデータは必ずお手元に保管してください。また、頂戴したデータを他誌や次号に流用することは、お受けしておりません。掲載トラブル防止の観点より、媒体・月号ごとにデータ入稿をお願いいたします。

校正ルール

  • オンライン送稿実現に向けて完全校了入稿になります(投げ込み運用)。
  • ○入稿形態
    J-PDFのみ
  • ○出版社校正
    廃止
  • ○修整について
    修整がある場合は、制作者側でデータ修整の上、再入稿してください。

お問い合わせ

  • K&F本部 情報サービス開発部 営業推進課
    • 電話:03-5320-1156
    • 担当:山本 園子・高橋 里美

  • 雑誌広告デジタル送稿推進協議会
    • ○制作ルールおよび仕様書・確認書については雑誌広告デジタル送稿推進協議会のHP「雑誌デジ送ナビ」にて詳しくご案内しています。仕様書・確認書等のダウンロードも可能です。ぜひご覧ください。 
      http://www.3djma.jp/index.html